不動産担保ローンを利用することにしました

不動産担保ローンは返済が滞っても即競売ではない

担当者から不動産担保ローンに関する細かい説明をされました。
例えば銀行口座振替で返済を行うので、お金を貸し出した金融機関の銀行口座を開設することが必要なことを説明されローンを契約する手続きと一緒に銀行口座を開設する手続きをしたのです。
他にも司法書士が契約するときに立ち会うことや司法書士にかかる手数料や事務手数料、収入印紙代などで、およそ20万円弱ぐらいの費用を負担する必要があること、金利は変動金利型と固定金利型の中から選ぶことが可能で現在の状況では変動金利型を選んだ方が金利が安いことなどが説明されました。

資金調達!
★☆不動産をお持ちの方は必見!★☆
司法書士ローンコンサルタントによる【不動産担保ローン】の無料診断中
「土地」「建物」「マンション」などを担保として融資が受けらるものです
興味ある方はhttps://t.co/1votGcSBJg
まで

— 大杉司 (@osuigitukasa) 2019年2月18日
もっとも心配だったことは返済することが出来なくなってしまった場合のことです。
内心では返済が滞納したら即競売にかけられるのかが心配でした。
ところが実際には、返済が少し遅れてしまっても家をすぐに競売にかけられることはないと伺い安心したのを覚えています。
返済期日から遅れてしまうと、遅れ多分の遅延損害金が発生しますが競売にかけられるのは、あくまでも最終的な手段とのことでした。

妻に内緒で低金利の不動産担保ローンの利用を考える友人への借金返済のためマンションを担保にローン申し込み不動産担保ローンは返済が滞っても即競売ではない不動産担保ローンの返済が終わりました

不動産担保ローン不動産担保ローン・不動産担保融資