不動産担保ローンを利用することにしました

妻に内緒で低金利の不動産担保ローンの利用を考える

妻には不動産担保ローンを組むことは内緒にしています。
毎月の返済は、自分のお小遣いを充てるしかないため毎月の返済金額を安く抑えることが出来るかが最も重要なポイントでした。
ですので、なるべく金利が低いローンを見つけ出す必要があります。
私は様々な方法を調べている内に不動産担保ローンのことに興味を持つようになってきました。
不動産担保ローンとは、自分名義の不動産を担保に、お金を借り入れるローンのことです。
担保を設けるので無担保のカードローンより金利が低いですが、返済を滞納したときには、担保にした不動産が競売にかけられて手放さなければならなくなります。
しかし友人から借りた借金を一括で返済するためには仕方ありません。

私は分譲マンションを担保にして不動産担保ローンでお金を借り入れることにしました。
融資してもらう金融機関に電話を入れて相談したところ、その場で仮申込みを行うことになったのです。
仮申込みをするためにオペレーターに必要となる書類を郵送すると言われたのですが、妻にその書類が見つかったら借金しているのがバレてしまいます。
そこで別の申込方法はないかと尋ねてみたところ来店して申込むことも出来るとのことでした。
その上に店舗の中には手続きを専門スタッフと相談しながら進めることが出来るベストアドバイス宣言をしているサービスが導入されている店舗もあるのです。

妻に内緒で低金利の不動産担保ローンの利用を考える友人への借金返済のためマンションを担保にローン申し込み不動産担保ローンは返済が滞っても即競売ではない